残土ふるいを高速処理する|機械の導入で作業効率大幅UP

工事

分別が大切な産廃物

男性

産業廃棄物を排出するときにはなるべく混合廃棄物として出すのではなく、あらかじめ分別を行ってから出すようにしてください。そうすれば料金も安く上がり、移動にかかる運賃も安く上がるので一石二鳥です。また自分の会社でできるものはリサイクルに心がけてください。

最新の処理機の事情

自然

回収された産廃は処理のために破砕機を用いています。破砕機は機種によって軸の数が異なっており、性能にも大きく影響しているため、軸についての豆知識を持っておくのが理想です。また今後の破砕機はより長寿命化や低振動化が進むと言われており、耐摩耗特殊鋳鋼や油圧駆動などを取り入れている製品が増えています。

建設発生土の有効活用

環境負荷低減の社会貢献

男性

近年、ゼロエミッションの理念のもと、環境負荷低減に向けた様々な方策が公共事業でも実施されています。一方、東日本大震災後、国土強靱化に向けた防災事業も、幅広く実施されています。さらに、道路整備などの公共事業も拡がりを見せつつあります。そういった中で、建設発生土としての残土が多く産出されますが、それらは、残土ふるい処理をして再利用することになります。建設発生土は、粒径や、含水比などによって第一種から第四種までがあり、さらに泥土を含めますと、五段階に区分されることになります。こういった残土ふるいによる建設発生土の有効活用によって、環境に配慮した公共事業につながるため、高い評価を受けることから、社会貢献としての人気も高まっています。

建設発生土利活用の留意点

軟弱地盤などで産出された建設発生土を利活用するには、単に残土ふるいを行っただけでは、利活用できないことがしばしばです。この場合は、残土ふるいとともに、脱水させるなどして、適正な含水比とする処理が必要です。そして、脱水だけでは、不十分と判断された場合には、セメントや石灰処理なども必要となる場合もあります。そういった処置を施すことで、工作物の埋め戻しや、道路工事の盛土などに適用可能となります。また、建設発生土の中には、フッ素、ホウ酸、鉛といった重金属が基準値以上に含まれることもあります。この場合は、残土ふるいだけでは、利活用できませんので、吸着剤などによる化学処理を施すことになります。建設発生土の利活用は、このような留意点を踏まえたうえで、環境負荷低減を実現することになります。いまはこの残土ふるいが簡単に出来る機械も登場していますが、購入だけでなくレンタルも可能となっています。その際実際に試してから購入することも出来るようになっています。

魚の居場所が分かる

男性

魚群探知機は、海の中の情報を正確に伝えてくれる有能なツールといえます。釣りをする時には、助っ人として活躍してくれるものですが、その情報を船長のアドバイスも含めて、噛み砕いて使用することで、より成果につなげることができます。